FC2ブログ

Seven-Spice

読書記録はネタバレ注意★

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『コンセント』田口ランディ


やっとランディさんの小説を読もうという気になりまして。

初めて田口ランディの小説を読むなら
やはり最初に書いた物を、と思いこれをチョイス

さんざんコラムを読んだあとなので、ココに書かれている兄の死が
どこまで真実でどこまで創作なのか、主人公の女性が
どこまでランディさんの投影で、どこまで創作なのか
ノンフィクションを読むようなフィクションでした
全くなんの予備知識もなく読んでたらどうだったんだろうな?


思ったより淡々と読めたかな
そして、つい先が気になって、いつもは平行して数冊を読むのに
こればっかり読んでしまってました。
それはやっぱり小説の持つ力なんだろうなー





| 読書記録 | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『天国はまだ遠く』瀬尾まいこ

最近私のやりたかったことはコレかもしれない。

主人公は、ほんとうはもう何もかもイヤになって
死ぬ為にやみくもに山奥の誰もいないような民宿にやってきて
死に損なうわけですが。

死にたいわけじゃないけど、誰も自分を知らない所に行って
何もしないで、日々を過ごしてみたいというような願望が
これを読んで満たされたような気がしました。


大阪あたりから北へ向かう電車に乗ってたどりつくのは
あの辺かな?という土地勘も手伝って
晩秋の山奥の冬になると閉ざされてしまうような
小さな山村の雰囲気がイメージも出来たし。

20日あまりをそこで過ごして色んな体験をして
淡々と過ごしたけども、やっぱり自分のいる場所は
ここではないと気が付いて、街に帰っていくところで終わります。
すると自分もどこかで過ごして帰ってきたみたいな清々しい
気分になってたわー(笑)


あとがきを読んで、この人が今も中学の教師をしながら
小説を書いてることを知ってびっくり
そうなのかー、すごいなー
どんな授業をするのか、見てみたいわ




| 読書記録 | 12:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『幸福な食卓』瀬尾まいこ

読み終わって時間が経ったので覚えてないシリーズ(笑)

確かお父さんが急に、お父さんをやめると言い出したのが
衝撃的な始まりだったけども。
読み進めるにつれて、どんどんもっと衝撃的な
出来事が、静かに淡々と起きて来るのよね。

人は、何かとてつもない変化だとか、出来事だとかあっても
日常は、否応なく進んでいって、普通の事で同じように
喜んだり悩んだり出来るんだな・・っていうことを
読みながら漠然と思ってました。

付き合ってた彼氏を突然事故で亡くしてしまうくだりは
少女マンガみたいだけど、やっぱり泣けてしまう
まあ現実がマンガみたいだったり小説みたいだったりするんだけど。

そして、いい加減で嫌な女みたいなお兄ちゃんの彼女が
どっさりシュークリームを作って慰めにきてくれるところが
一番泣けたなあ・・




| 読書記録 | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『重力ピエロ』伊坂幸太郎

何年か前から友達に面白いよと聞いていて
読みたい読みたいと思っていた作品。やっと読めました。

期待感が大きすぎたのか、ミステリーとしてはイマイチかな?
途中でなんとなくオチが読めてしまったし・・

なのでミステリーというよりも、家族小説として読んだ方が
感動が大きかった気がします。

父親がとても魅力的に描かれていたし。
母親はすでに病死しているという設定で
時折はさまれる回想の中にだけ出てくるので
この家族が、家族としてどのように機能していたのか
想像するしか出来ないんですけどね。

レイプによって産まれることになった弟の”春”
産むことを決心した父親の心の動きが
神にすがり、自分で決めろという声が聞こえて
結局は自分で決めたわけだけども。
何故自分の子どもとして育てようと決めたのか
その気持ちがもう一つわからなかったのが残念


この5月に映画が公開されますが、映像化が難しいと
言われていたらしいけども、これはどっちかというと
映像で見たいなと思ったんですけど(笑)

映像で見た方が魅力的な春の風貌や、
グラフィックアートの息づかいなんかが
もっと現実的に感じられるだろうなと。








| 読書記録 | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |