FC2ブログ

Seven-Spice

読書記録はネタバレ注意★

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『ハーモニーの幸せ』田口ランディ

今週も借りてきたランディさん
ランディさんの真骨頂でもある(のか?)
旅をして、そこでの出会い(人にも物にも)について
書かれたエッセイが多かったかな。

ここへ来ると、1人でろくに電車にも乗れないワタシは
俄然距離を感じるんですけども(笑)
そうか、足りないのは行動力だったか
(それだけじゃないと思いますが・・)


台湾で占い・・ともまた違うらしいけども
スピリチュアルな感じの話が興味深かったです。
こんなんだったら、台湾行ってみたいなあ
でも、かなり昔の話みたいなので、今はもう変わってしまってるかも?




| 読書記録 | 21:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』江國香織

実は短編集とは知らずに読んでいて
さ、次の章ではどんな展開が・・?と思ったら
全く違う登場人物が出てきて「???」となった私

それでも、離れたところから、だんだん近づいていく手法かしら?と
しばらくつながりを模索したりなんかして。
短編集やっちゅーねん!

それが短編集だと気付かなかったのは、物語があまりにも
さりげなく終わって、さも続きがあるような感じだったからなあ。
小さな事件は起きるけども、それがきっぱりと解決しない感じ。

考えようによっちゃ中途半端なんだけども
もっと考えると、どんな小説だって一応の結末を迎えるけども
その後もハナシは続いてるはずなんです。
例え最後に主人公が死んでしまうとしたって、
その後、主人公と関わり合った人たちの人生はまだ続いてるはずだし。

そう思うと、どっちみち、小説なんてある人の人生を
少し切り取って読んでることなので、どこで結末にしようと
間違いじゃないんだなあ。

読み手の腑に落ちるか落ちないかだけですね。
なので、こういったあまり説明のない短編は
その前後を想像するといった楽しみがあるのだなあ





| 読書記録 | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |