FC2ブログ

Seven-Spice

読書記録はネタバレ注意★

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『火の粉』雫井脩介

読んでからずいぶん経ってしまったんですが・・
長編の犯罪小説・・っていうか、推理小説ですよね
展開が気になって、一気に読んでしまいました。

少しずつ読み進める読書も楽しいけど、一気に読まずにいられない
そんな読み方が出来る本も嬉しいものです

最後の最後まで、本当の犯人は誰なのか。
一緒にドキドキして、怖くて怖くてしょうがなかったわ~

最初のシーンが法廷で、無罪の判決をするところから始まるのですが
読み始めた頃に見たドラマに、ちょうど法廷シーンがあって
しかも無罪の判決をする場面で、いっそう小説世界がリアルに
映像として思い浮かべる事が出来たのよね~

本筋とは別に、主人公の元裁判官の家族の描写が素晴らしかったわ。
主に女性の家族ですけどね。
老人介護を一手に引き受ける妻や、幼い娘を育てる嫁
それぞれの心情描写がリアルで、書いたの男の人だよね?と
確認しそうでしたわ(笑)

犯罪も恐ろしいですけど、どこにでもあるような家庭の問題の方が
実は何よりも怖いんじゃないかと。
それが裏テーマなんじゃないかと思った次第です。

これを読んだ男性読者が、その辺の描写についてどう思ったか
是非感想を聞きたいですわ~

| 読書記録 | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |