FC2ブログ

Seven-Spice

読書記録はネタバレ注意★

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ハルキスト

12月11日から映画『ノルウェイの森』が公開されるので
イヤでもそんな話が耳(や目)に入る今日この頃

今でこそ村上春樹が好きですと言い切れる私ですが
「ノルウェイの森」がブームになってた当時は
例によって、流行りに乗りたくない天の邪鬼を発揮して
見向きもせず、子育て中に図書館で借りてきて読んだ・・・はず

というのも、ほとんど覚えていなかったから(笑)
去年か一昨年に、文庫を買ってもう一度読んだんですけどね。


今年の夏くらいだったか『村上春樹が好き!』という本・・
それは色んなハルキスト(←村上春樹ファン)が村上春樹の小説について
語るという内容で、ハルキストと語りたいと思ってた私は
期待いっぱいで読んだのですよ。

ところが読んでビックリ
え?その本ってそんな話だったの?!ってことが次々と(笑)

2回、3回と読んで、自分なりにしっかりと解釈したつもりだったのに
その人達が書いてるあらすじや、解釈が全くしっくりこなかった・・・
とても同じ本を読んだとは思えない・・とまで、感じるくらいに。

国語のテストじゃないんだから、小説を読んで何が正解とかないけど
こんなにも人によって、受け取るイメージやアプローチが違うのか!と
愕然としたのですよ。

細かく例を取るとわかりやすいとは思うんですが
今その本が手元にないし、明確に言葉で言えるものばかりでもないんですよね
しかもそれじゃ、文学部の卒論みたいになりそうだし(笑)

たぶん私は、なんとなくだけども、小説のストーリーや
言葉の言い回しや、メッセージみたいなものよりも
もっとふわーーーっとした、雰囲気とか、空気とか、色とか、温度とか
肌で感じるようなことを、小説から感じてるような気がします。


そもそも、春樹さんの本は、1回目はストーリーを追うのに必死で
割と細部はすっとばしてる感じがするので、2回読んでようやく
内容をしみじみと感じ、3回読んでやっと自分の中で解釈出来る
・・って感じなんですよね

だから「ノルウェイの森」はまだ2回しか読んでないから
自分の中で落ち着いてない物語なんですよねえ。
この状態では、映画を見ようという気になれないなあ
予告編を見ただけで、すでに違和感を感じてるし


今は「1Q84」の2回目を読んでいます
まだ1巻の半分を過ぎたあたりですが、すでに、そうだったのかー・・
って部分が沢山あります(笑)


ちなみに私は村上春樹を読むと掃除がしたくなる、というジンクスがあるので
大掃除を前に再読してるわけですが、イマイチしたくならないなあ(笑)
やっぱり「ねじまき鳥クロニクル」が最高峰かな(掃除という意味では)
シナモンが乗り移らないとダメらしい(笑)





| 本にまつわるetc | 16:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たけのこ文庫

子どもの頃、家の近くに『たけのこ文庫』という
私設の図書館がありました。
はっきり覚えてないのですがマンションの一室に本棚がびっしりあって
そこで本が借りられたり、また別の部屋ではお話をしてもらえたり。
本の読み聞かせではなくて、部屋を暗くしてろうそくを1本だけつけて
担当のおばさんが、語ってくれるのです。
最後には、その月に誕生日の子がろうそくを吹き消すことになってました

市立図書館は子どもの足では遠いところにあったし
何しろ私は小学校4年生まで自転車に乗れなかったので
歩いていける文庫が大好きでした。

大草原の小さな家シリーズや、ファージョンのシリーズ
長くつしたのピッピシリーズなど、何度も何度も借りて
何度も何度も読んでました

最近になって、とうとう大草原シリーズもファージョンも
大人買いして揃えてしまったんですけどね。
あんなに読んだのに、やっぱり手元に置きたくて
買ってからも、また何度も読んでます

あの文庫がなかったら、小学生の間にあれほど本に触れられたかどうか・・
もちろん小学校にも図書館はありましたが、低学年の頃は学校の図書館より
たけのこ文庫の記憶の方があります。
やっぱり親しみがあったのかな?

ああいう場所が身近にあったこと、ほんとに幸せだったと思います

だから小学校で図書ボランティアやったのかな(笑)
今になって思い出しましたけど。
ああいう温かい雰囲気で本に親しんでもらいたかったのね
学校という制約があるとなかなか難しい事もあったけど
子どもたちが覚えててくれるといいなあ

| 本にまつわるetc | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |